スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MRI検査受けてきた

いやー

昨夜も今夜も、涼しいわ~

昼間は暑かったけど、夜になったら涼しくなった。
いよいよ、秋ですね!食欲の



ところで、8月4日に書いた肩の痛みですが。

ボウリングはできるんだけど、筋トレはつらい。
普段も後ろのものを取ろうとしたり、肩を捻るような動きをするとズキッとくる。
つことで、本日はMRI検査を受けてきました。

MRI…苦手なんですよね。。。

知らない方のために説明すると、
MRIっつーのは磁気の力で身体の断面図をミリ単位に記録する医療機器なんだけど、
肩とか頭とか腰とかの断面図を取るときは「パイプ型」の機械に寝台ごと入って撮影するんですね。
このパイプが狭くて、身動きが取れない。まあ、動いたら正確に撮影できないんだが。
目を開けると、10cmも無いところに天井が!
パイプだから、横にも同じくらいのスペースしか無く。

閉所恐怖症の気がある人間にとっては、恐怖の検査なのです。

といっても、以前も受けたことがあるので、何とかなるかなと思っていたのですが・・・
逆に以前の恐怖を思い出してしまって、なかなか入る勇気が出ない。
で、
結局、30分かけて撮影する予定のところ、
5分×2の10分で終了してもらいました…
終わったときには、着ていた病衣が汗でぐっしょり。。。


終わってから思ったんだけど、
パイプに入る前から目は閉じといたほうがいいですね。
狭いところに入ってるんだって、わざわざ確認する必要はない。余計に恐怖感を持っちゃう。
それと、できるだけ身体を束縛するものははずしてもらって。
目も、目隠しじゃなくて、単純に瞑ってた方がいい。
そして、できれば微風を送って、顔で風を感じることができると、狭いところにいるって感じが和らぐんじゃないかな。(医療機関の方、是非、ご検討を!)
今度、また検査を受けることがあったら、試してみよう。


で、苦労して撮影した結果ですが。

腱が一部切れてますね~

Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

…といっても手術するほどではなく、
腱は2層構造になってるんだけど、その内の外側の1層が切れてる状態。
そこに骨が当たると痛みが出るとのこと。
ただ、日常生活に影響が出るほどでもないし、
ボウリングに関しては、その動きの特性上、痛みは来ないだろうから問題ないだろうと。
ただ、ウエイトを頭上に上げるようなトレーニングは、軽いウエイトに限定するようにと。
そんな感じでした。

筋トレに制限がかかったのは残念だけど、
まあ、ボウリングができるから、いいやf(^^;


comment

管理者にだけメッセージを送る

カウンター

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

てつや

Author:てつや
10歳は若く見られるけど、寄る年波には勝てない40代。精神年齢は10代かも。

人畜無Guy・人畜無Gay
リンクは随時受付中m(__)m
メル友も随時受付中。まずはコメントをお願いしますw

メールフォーム
上の顔画像にピンと来たら、一筆お願いします(^^;

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
Special Thanks To...

    GAY BLOG READER

「火狐」よろしく!
Firefox 2 無料ダウンロード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。